対馬観光のお問い合わせ、観光パンフレットの請求は当協会まで

(一社)対馬観光物産協会WEBサイト 国境の島 対馬へ

(一社)対馬観光物産協会 〒817-0021 長崎県対馬市厳原町今屋敷672番地1 観光情報館ふれあい処つしま
TEL 0920-52-1566 / FAX 0920-52-1585  営業時間 8:45-17:30 休業日12/29〜1/3
お問い合わせ | サイトマップ
ホーム > 観光モデルコース > 雄大な自然を体感する - (6) 万葉の峰 有明山トレッキング/朝鮮出兵の山城 清水山城トレッキング

観光モデルコース

雄大な自然を体感する

  1. 浅茅湾シーカヤック 心を解放する旅
  2. 神話の里シーカヤック 和多都美神社・海上参拝
  3. スキューバ・ダイビング 国境の海に潜る
  4. 九州百名山 白嶽トレッキング
  5. 防人が築いた古代要塞 金田城トレッキング
  6. 万葉の峰 有明山トレッキング/朝鮮出兵の山城 清水山城トレッキング
  7. バードウォッチング 国境の空を舞う野鳥たち
  8. 島の生き物たち ツシマヤマネコに逢いに行く
  9. 島の生き物たち 国境の島を彩る花々

(6) 万葉の峰・有明山&朝鮮出兵の山城・清水山城トレッキング


コース概略

 有明山は、万葉集にも詠われた名山で、登山(下山)の途中に清水山を経由します。清水山城は、豊臣秀吉の朝鮮出兵時に尾根沿いに山城が築かれ、国の史跡に指定されています。万葉と朝鮮出兵の2つの歴史に触れることができるトレッキングコースです。清水山の標高は206メートル、有明山は558メートル。

コース所要時間

対馬観光物産協会
↓ 徒歩で3分
長崎県立対馬歴史民俗資料館
↓ 徒歩で10分
清水山・有明山登山口
↓ 徒歩で120分
有明山山頂
↓ 徒歩で50分
清水山2ルート分岐・合流点
↓ 徒歩で10分
清水山山頂(清水山城本丸・一の丸)
↓ 徒歩で10分
清水山城・二の丸
↓ 徒歩で10分
清水山城・三の丸
↓ 徒歩で15分
対馬観光物産協会
※(一社)対馬観光物産協会は、長崎県対馬市厳原町今屋敷672番地1 観光情報館ふれあい処つしま にあり、厳原港から車で5分、対馬空港からは車で20分です。

コース図

対馬トレッキングガイドブック


観光コース紹介

(一社)対馬観光物産協会
 観光情報の提供、パンフレットの請求はこちらまで。
【所在地】 〒817-0021
長崎県対馬市厳原町今屋敷672番地1
観光情報館ふれあい処つしま
【電話】 0920-52-1566
【アクセス】 厳原港から車で3分(徒歩10分)、対馬空港から車で20分。

(1)長崎県立対馬歴史民俗資料館
 対馬市役所近くにある歴史資料館です。江戸時代に宗家によって記された「宗家文書」が収蔵・管理されており、朝鮮国の告身(官職任命書)や安土桃山時代に対馬で偽造された朝鮮国王の木印(レプリカ)等、貴重な資料を見ることができます。

(2)清水山・有明山登山口
 厳原市街地の山の手に、清水山城・有明山への登山口があります。有明山へは、清水山山頂を経由するルート(急傾斜あり)と、清水山西側の遊歩道を通るルート(緩傾斜)がありますが、どちらに進んでも(3)清水山・有明山分岐点で合流します。往路は遊歩道ルート、帰路は山頂ルートを歩くと楽です。登山口はわかりにくいので、上記グーグルマップで市街地の拡大地図を確認してください。

林道の様子
 清水山山頂部から有明山を目指します。途中はヒノキの植林もありますが、照葉樹林帯も残っており、植物観察を楽しむことができます。

(3)清水山2ルート分岐・合流点
 清水山の2つのルート(山頂、遊歩道)の分岐・合流点です。

(4)万松院分岐点
 万松院へ下るかつての登山道がありますが、利用者が少なく荒れています。万松院方向へは進まないでください。

アリドオシ
 照葉樹林の林床でよくみかけるアリドオシ。

スダジイ
 スダジイの大木も見かけます。旧営林署が樹木に名札を設置しており、名前を確認することができます。

フデリンドウ
 やわらかいブルーの花が特徴的な筆竜胆。

キエビネ
 対馬以外ではほぼ絶滅状態のキエビネ。対馬では植林地の林床などでよく見かけ、時には数十株単位の群落もありますが、最近また乱獲のウワサをよく聞くようになりました。

ギンリョウソウ
 怪しげな春の妖精のような銀竜草。島内の原生林でよく見かけます。

(5)成相山分岐点
 成相山への道は荒れて藪になっています。家族連れなどの場合、通常の登山道を歩いてください。

(6)久田道分岐点
 久田道へ降りる道も現在はあまり使われていないようです。

アカガシ林
 高度が上がると優勢になってくるアカガシ。

山頂付近
 小さな広場が広がっており、木漏れ日が降り注いでいました。有明山はかつて、厳原の子どもたちの遠足コースでした。

(7)有明山山頂
 有明山は古くは「対馬の峰」と呼ばれ、万葉集にも謡われた名山です。

対馬の峰は下雲あらなう 上の峰にたなびく雲を 見つつ偲はも

白嶽を望む
 有明山山頂からは、東に厳原港、北に白嶽、南西には対馬最高峰の矢立山(648.5m)を望むことができます。

厳原港方面
 山頂には草原が広がり、さわやかな風が吹いていました。

オプションルート 「朝鮮出兵の山城・清水山城」

(3)清水山2ルート分岐・合流点
 清水山の2つのルート(山頂、遊歩道)の分岐・合流点です。山頂ルートを通ると、石垣などの山城の遺構を見ることができ、すばらしい眺望も楽しめます。

(8)清水山城跡・一の丸
 400年の月日が経過し、樹木が繁茂して石垣の遺構がわかりにくくなっていましたが、現在は樹木の管理が行われ、厳原港付近からも城跡を見ることができます。

ゲンカイツツジ(3月下旬)
 対馬の春を代表する花、ゲンカイツツジ。対馬以外では高地に自生していますが、対馬では日当たりのよい海岸部や低地の瓦礫地などでよく見かけます。

(9)清水山城跡・二の丸
 清水山の尾根に沿って、三の丸、二の丸、一の丸(本丸。山頂)の石垣が残されており、戦国末期の山城の遺構として国の史跡に指定されています。

(10)清水山城跡・三の丸
 清水山城は、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、唐津の名護屋城から釜山へ侵攻するための兵站線のひとつとして築かれた山城。三の丸からは厳原市街・厳原港が一望できます。

帰路
 古の万葉の時代を偲ばせる名山・有明山と、朝鮮出兵という激動の歴史が刻まれた清水山。2つの山を歩き、対馬の自然と歴史を堪能できる有明山・清水山トレッキングです。

有明山・清水山周辺の宿泊施設・飲食店

トレッキングガイド

対馬観光ガイドの会やんこも
〒817-0021
長崎県対馬市厳原町今屋敷672番地1
観光情報館 ふれあい処つしま
(一社)対馬観光物産協会内
TEL 0920-52-1566 / FAX 0920-52-1585

ご予約は1週間前から受け付けています。
 >>有明山トレッキング・ガイドお申し込み

Twitter & Facebook


Copyright (C) (一社)対馬観光物産協会 All Rights Reserved.