対馬観光のお問い合わせ、観光パンフレットの請求は当協会まで(営業時間 8:45-17:30 休業日12/29~1/3)
(一社)対馬観光物産協会 〒817-0021 長崎県対馬市厳原町今屋敷672番地1 観光情報館ふれあい処つしま
TEL 0920-52-1566 / FAX 0920-52-1585
お問い合わせ | サイトマップ | 周辺地図
ホーム > 観光モデルコース > 対馬の城・砲台 - 金田城

観光モデルコース

  1. 対馬の城・砲台の概要
  2. 朝鮮出兵の山城 清水山城
  3. 続日本100名城 金田城
  4. 明治期に復活した国防の中枢 城山砲台
  5. 天空の要塞 姫神山砲台
  6. 島の東西を結ぶ軍事拠点 上見坂堡塁
  7. 世界最大級の巨砲 豊砲台

続日本100名城 金田城


 金田城(かなたのき)は、対馬の中央に広がる浅茅湾の南岸から突き出した半島状の巨大な岩塊・城山(じょうやま)に築かれた古代山城です。
 660年、当時の倭国(日本)と同盟関係にあった朝鮮半島の百済(くだら)が、唐・新羅(しらぎ)の連合軍によって滅ぼされ、倭国は援軍を送りますが、朝鮮半島西岸の白村江(はくそんこう/はくすきのえ)の戦いで大敗を喫してしまいます。
 倭国側の当事者であった中大兄皇子(なかのおおえのみこ・天智天皇)は、唐・新羅の侵攻に備え、664年に筑紫・壱岐・対馬に防人(さきもり)・烽火(とぶひ)を設置し、667年、対馬に金田城を築きます。
 日本書紀には、「天智天皇6年11月、倭国(やまとのくに)高安城(たかやすじょう)、讃岐国山田郡((さぬきのくにやまだのこおり)屋嶋城(やしまじょう)、對馬国(つしまのくに)金田城(かねだじょう)を築く」とあります。
 7世紀の古代山城の遺構が良好に保存されており、昭和57年(1982年)、史跡の国宝ともいわれる国特別史跡に指定されました。古い時代の呼び方は「かなたのき」(城=き)とされますが、史跡の名称としては金田城跡「かねだじょうあと」になります。
 2017年4月6日(46=城の日)に、金田城跡が「続日本100名城」(公益財団法人 日本城郭協会)に認定され、2018年4月6日からは続日本100名城スタンプラリーが始まりました。
 >>続日本100名城(公益財団法人 日本城郭協会)
 ルート等については、モデルコース・トレッキングの城山をご覧ください。
 >>防人が守った古代山城・金田城 城山
城名金田城(かなたのき)
所在地長崎県対馬市美津島町黒瀬 >>観光情報館ふれあい処つしま~金田城跡(Googleマップ)
築城667(天智天皇6)年
築城者天智天皇
史跡国指定特別史跡(1982年・昭和57年)

動画 古代山城・金田城

Twitter & Facebook


〒817-0021 長崎県対馬市厳原町今屋敷672番地1 観光情報館ふれあい処つしま
Copyright (C) (一社)対馬観光物産協会 All Rights Reserved.