対馬観光のお問い合わせ、観光パンフレットの請求は当協会まで

(一社)対馬観光物産協会WEBサイト 国境の島 対馬へ

(一社)対馬観光物産協会 〒817-0021 長崎県対馬市厳原町今屋敷672番地1 観光情報館ふれあい処つしま
TEL 0920-52-1566 / FAX 0920-52-1585  営業時間 8:45-17:30 休業日12/29〜1/3
お問い合わせ | サイトマップ
ホーム > 特設ページ > 対馬の自然 - 野鳥

特設ページ

対馬の自然

渡り鳥ってなに?

 5月の大型連休には、上県町の佐護などで、大砲のようなズームレンズ付カメラやフィールドスコープを持った人々を見かけます。彼らのお目当ては、ヤマショウビンやヤツガシラなどの珍しい野鳥たちです。

 中国大陸やシベリア、アラスカ等は、夏の間は食べ物の豊富な過ごしやすい場所ですが、冬が訪れるとあたり一面雪に覆われ、生き物たちには非常に厳しい環境となります。野鳥たちは食べ物の豊富なよりよい環境を求めて、大陸や海峡を越えるのです。

どうして対馬では野鳥がたくさん見られるの?

 対馬は、野鳥たちの渡りの十字路でもあり、また大陸や日本本土と適度に距離が離れているため、旅の途中で休息をとるたくさんの野鳥たちを観察することができるのです。

 このページの野鳥写真提供:anyanさん
(観察会風景、オオワシ、オオコノハズクは対馬観光物産協会・西)

どんな野鳥が見られるの?

 2005年のゴールデンウィークは、ヤマショウビンの当たり年でした。その他にも、シロハラクイナやレンカク、オウチュウやハチクマ、シマノジコ、キマユホオジロなど、たくさんの野鳥たちがバードウォッチャーの目を楽しませてくれました。

 写真は、2005年のゴールデンウィークに撮影されたキビタキ。

オオワシ
 2004年3月、上対馬町の三宇田浜上空を舞っていました。対馬では猛禽類が多く見られ、オオワシ・オジロワシは毎年のように観察されています。

チョウゲンボウ
 電線等にとまっているのをよく見かける小型の猛禽類。愛らしい表情をしています。

オオコノハズク
 2003年11月、厳原町にて撮影。木の枝にとまり、地面をじっと覗っていました。ネズミや昆虫などのエサを探していたのでしょうか。

ツクシガモ
 2005年冬、厳原町にて撮影。越冬のために北九州沿岸を訪れる希少種。渡りの途中で、対馬に立ち寄ったようです。

サシバ
 夏を日本等で過ごし、冬は東南アジアに渡る猛禽類の一種サシバ。ハチクマ、アカハラダカなどの猛禽類の渡りは、対馬での野鳥観察の醍醐味のひとつ。

レンカク
 インド・東南アジア・中国などに分布し、まれに迷鳥として日本までやってきます。漢字名の「蓮角」のとおり、長い足の指を使ってハスやヒシの葉の上を歩くことができます。対馬でも滅多に見ることがない珍鳥です。

対馬の野鳥関連サイト

 シベリア・中国大陸と日本本土・東南アジアの間に位置し、ダイナミックな野鳥の渡りや珍鳥を観察できるのが対馬の特徴。ただ、対馬は南北82キロの大きな島なので、神出鬼没の野鳥たちに遭遇するためにはリアルタイムの情報収集が不可欠です。携帯電話のiモードなどでもホームページを見ることができるので、以下のHPをチェック!
【 野鳥通信 対馬から 】
 対馬で野鳥三昧の毎日を送っている通信使さんのHP。通信使さんは地元のバードウォッチング愛好会「対馬野鳥の会」の会長さんでもあります。掲示板で最新情報をチェック。

野鳥通信 対馬から
http://www5b.biglobe.ne.jp/~nojiko/

【 対馬野鳥図鑑 】
 おなじくの対馬野鳥の会の会員が募るHP。こちらの掲示板も要チェック。

対馬野鳥図鑑
http://kacchell-tsushima.net/bird/

Twitter & Facebook


Copyright (C) (一社)対馬観光物産協会 All Rights Reserved.