対馬観光のお問い合わせ、観光パンフレットの請求は当協会まで

(一社)対馬観光物産協会WEBサイト 国境の島 対馬へ

(一社)対馬観光物産協会 〒817-0021 長崎県対馬市厳原町今屋敷672番地1 観光情報館ふれあい処つしま
TEL 0920-52-1566 / FAX 0920-52-1585  営業時間 8:45-17:30 休業日12/29〜1/3
お問い合わせ | サイトマップ
ホーム > 特設ページ > 対馬の歴史 - 明治〜現代

特設ページ

対馬の歴史

対馬の要塞化 〜道路と橋と要塞〜

 対馬海峡の防備や朝鮮半島の戦略防衛基地として重要視されていた対馬では、1887年(明治20年)ころから要塞の整備が始まりました。美津島町の竹敷に海軍要港部が置かれ、日露戦争間近の明治34年(1901年)、竹敷から対馬海峡東水道に水雷艇隊などを出撃させるため、万関瀬戸が開削されました。1905年には、日本の太平洋艦隊が、対馬沖を北上するロシアのバルチック艦隊を壊滅させ、日露戦争の帰趨を決することとなります。日本では日本海海戦と呼ばれるこの戦いは、世界では対馬海戦(Battle of Tsushima)と呼ばれています。
 日清・日露戦争時から第2次大戦中にかけて、対馬は全島が要塞化されましたが、これらの要塞はほとんど活躍することなく終戦を迎え、戦後の武装解除による破壊を免れた要塞も、今では静かに草木に埋もれつつあります。

 ちなみに、万関浦の開削工事は、大成建設の前身・大倉土木組によるものと言われていますが、軍事施設でもあり、図面などはほとんど残されていないようです。この時代を感じさせてくれる遺物としては、万関瀬戸や要塞遺跡以外にも、対馬の道路があげられます。対馬の道路は集落を経由しない場合が多く、これは要塞間を最短距離で結ぶためのようです。

 また、上対馬町殿崎・茂木・琴等の住民は、日本海海戦で傷ついて海岸へと漂着した多くのロシア兵を救助し、宿と食料を与えました。日本とロシアの海上での攻防に一喜一憂し、日本の勝利に喝采する一方で、戦争に敗れた敵国の兵隊の命を助けたのは、島人の素朴な人間性の発露だったのでしょうか。

第2次世界大戦 〜プサンの対馬人〜

 19世紀末の李氏朝鮮は、国内の権力抗争が激化し、それに李朝の宗主国である清、南下政策をとるロシア、朝鮮半島を国防の拠点の一つと考える日本の勢力が絡み合う複雑な政治情勢でした。やがて、日清戦争・日露戦争に勝利した日本が朝鮮半島の保護国化を押し進め、1909年、当初日韓併合に反対していた元老・伊藤博文が朝鮮人青年・安重根によって暗殺されると、初代首相である伊藤が暗殺されたことで国内世論も韓国併合に大きく傾き、翌年には朝鮮半島の併合が行われました。1945年の終戦まで、朝鮮半島は日本の統治下に置かれることになります。

 日韓併合時、プサンには多くの対馬人が滞在していました。対馬北部の佐須奈湾から手漕ぎ船でプサンの歯医者に行った、髪を切りに行った、映画を見に行った、という話も聞きます。対馬縦貫道が全線開通するのは1968年(昭和43年)のことであり、大戦中は対馬北部から対馬南部へ行くよりも、対馬北部からプサンに渡るほうが時間がかからなかったのです。

珠丸の悲劇

 第二次大戦が終結した1945年の10月14日、対馬海峡でひとつの悲劇が起きました。大戦中の銃爆撃や機雷の難を奇跡的に逃れ続けていた九州郵船の旅客船・珠丸(たままる。800トン。釜山〜対馬〜博多経路)が触雷・沈没し、545名を超える尊い人命が失われたのです。10月14日は連合軍による渡航差し止めが初めて解かれた日であり、珠丸には朝鮮半島・大陸からの引揚者・復員軍人等がひしめいていました。名簿には730名の乗船者が記録されていますが、帰国を急ぐあまり切符を持たない割り込み乗船者も多く、現在でも正確な人数はわかっていません。当時の日本海峡には、旧日本軍によって数千個の機雷が敷設されており、船室内にいた女性や子どもの多くが犠牲となりました。
 平成3年、航海の安全と恒久平和への祈りを込め、対馬歴史民俗資料館横に珠丸犠牲者の慰霊塔が建立されました。

宮本常一 〜忘れられた日本人〜

 終戦まで長年にわたり要塞化され、開発が抑制されていた対馬は、古い民俗や文化の宝庫でした。朝鮮戦争が始まった1950年、民俗学者・宮本常一らの八学会連合(翌年から九学会連合)による対馬総合調査が行われ、宮本は対馬全島を歩き、古老の話を聞き、古文書を書き写し、写真を撮影しました。
 代表作「失われた日本人」に収録されている「梶田富五郎翁」の舞台である厳原町・浅藻(あざも)は、明治初年までほとんど人の住まない土地(天童法師信仰の聖地・八丁郭がある)でしたが、明治10年ごろに大島郡久賀浦(現・山口県周防大島町)の漁民が住み着き、続いて沖家室島(現・山口県周防大島町)の漁民が住み着きます。久賀の漁民達は、干潮時に海に潜って海底の岩に縄を結びつけ、満潮時に船の浮力を利用して岩を海底から持ち上げて沖に捨てるという方法で港を整備していきます。1回の干潮・満潮で1つの石を運ぶことしかできず、大波によって捨てた岩が岸に押し寄せたこともあり、それは気の遠くなるような作業でした。その後、浅藻は鯛や鰤の漁港として大きな賑わいを見せることになります。

 それから約100年。現在の浅藻は過疎が進み、小学校も廃校となり、静かな漁村に姿を変えています。また、本土と離島の格差に胸を痛めた宮本常一の奔走によって離島振興法が策定され、対馬島内のハード整備は進みましたが(宮本の思いとは裏腹に)、それによって失われた自然環境や歴史的風景も多かったのも事実です。

昭和20〜30年代 〜サバ漁・イカ漁・パルプ景気〜

 昭和20年〜30年代は、戦後の対馬がもっとも賑わった時代でもありました。対馬近海は西日本屈指の漁場であり、瀬戸内海などからも大量の漁船がやってきました。厳原には銭湯がいくつも営業し、飲み屋が軒を連ね、博多税関が持て余していた高価な舶来タバコが数時間で売り切れたといいます。
 また、対馬の山に手付かずで残されていた木材も大きな富を生みました。大手の製紙会社が対馬の木材をパルプ用に買い上げ、その利益はサバ漁の利益を凌ぐほどでした。

 やがて、対馬の森のほとんどが刈られ、現在は伐採後の二次林と桧(ひのき)の植林が多く、原生林が残っているのは竜良山や白岳、御岳などの聖地や社寺林のみとなりました。

そして現在 〜自然・歴史・国際交流・観光の島として〜

 基幹産業である漁業の不振と公共事業の削減という厳しい情勢のなか、ようやく対馬でも「開発か自然・歴史保護か」という二者択一ではなく、対馬の自然・歴史を活かした地域振興が模索されるようになりました。江戸時代の朝鮮通信使行列の再現パレードや、国境マラソンやパラグライディング大会などのスポーツイベント、対馬の中央に広がる浅茅湾でのシーカヤック体験ツアーなどが人気を集めています。

Twitter & Facebook


Copyright (C) (一社)対馬観光物産協会 All Rights Reserved.