対馬観光のお問い合わせ、観光パンフレットの請求は当協会まで

(一社)対馬観光物産協会WEBサイト 国境の島 対馬へ

(一社)対馬観光物産協会 〒817-0021 長崎県対馬市厳原町今屋敷672番地1 観光情報館ふれあい処つしま
TEL 0920-52-1566 / FAX 0920-52-1585  営業時間 8:45-17:30 休業日12/29〜1/3
お問い合わせ | サイトマップ
ホーム > 特設ページ > 対馬の歴史 - 歴史年表(明治時代〜現代)

特設ページ

対馬の歴史

明治

1868 明治元年
 明治の世が始まる。宗義達(重正)、新政府に朝鮮外交について考えを述べる。
1869 版籍奉還
 6月19日、最後の藩主・宗義達が版籍奉還を行い、府中を厳原と改称する。義達(重正)は厳原藩知事に任命される。
1871 廃藩置県
 重正、知事の職を免ぜられる。廃藩置県により、8月7日に厳原藩を厳原県と改称。9月4日に伊万里県に合併。
1872 長崎県へ移管
 5月29日、伊万里県を佐賀県と改称。8月17日、旧厳原県は長崎県へ移管。長崎県出張所厳原支庁設置される。
1878 厳原中学校創立
 厳原中学校創立される。
1878 町村の数
 上県郡45村、下県郡10町64村
1886 対馬島庁
 厳原支庁を対馬島庁と改称。
1901 万関瀬戸の開削
 日本海軍が万関瀬戸を開削する。(幅25m、深さ3m)
1904 日露戦争
 日露戦争勃発。翌年の日本海海戦(対馬海戦)に大勝。対馬の島民は、負傷したロシア兵を手厚く看護する。
1910 日韓併合
 日韓併合はじまる
1912 電灯灯る
 電灯が初めて厳原に灯る

大正

1922 乗合自動車が走る
 厳原〜美津島間を乗合自動車が走るようになる。
1926 対馬支庁設置
 対馬島庁と各郡の役所を廃止して対馬支庁を設置。

昭和

1941 太平洋戦争はじまる
 対馬全島が要塞化される。
1945 珠丸の遭難
 第2次大戦終結後の10月14日、対馬〜博多間の定期船珠丸が壱岐勝本沖で触雷し沈没。545人以上が死亡。
1946 福岡への転県運動
 転県期成会が結成され、長崎県から福岡県への転県を国に働きかける。9月の長崎県議会で転県の提案が否決される。
1948 県立対馬高等学校統合発足
 県立対馬高等学校と県立対馬女子高等学校が、県立対馬高等学校として統合発足する。
1949 転県運動中止
 対馬開発5ヵ年計画が決定。対馬町村会では対馬開発計画実現のため転県運動中止を発表。
1950 朝鮮戦争
 朝鮮戦争が勃発する。
1955 町村合併
 町村合併により(上対馬・美津島・豊玉・上県)により13町村が9町村になる。
1956 万関橋の完成
 万関橋が完成。
1956 町村合併
 町村合併(厳原)により9町村が6町村になる。
1960 昼夜送電開始
 厳原発電所増設により下県全区で昼夜送電が開始。
1965 韓国と国交回復
 日韓基本条約締結により韓国と国交が回復する。
1968 対馬縦貫道路開通
 上対馬と厳原の自動車通行が可能となる。
1972 フェリーつしま就航
 「フェリーつしま」が厳原〜博多航路に就航。
1975 対馬空港開港
 対馬〜博多間空路が開設される。
1975 6町の誕生
 前年の豊玉に続き、峰に町制が施行され、6町が誕生する。厳原町・美津島町・豊玉町・峰町・上県町・上対馬町。
1976 長崎空路開設
 対馬〜長崎空路が開設される。
1977 グアムと姉妹島結縁
 グアム島と姉妹島となる。
1978 フェリーあがた就航
 「フェリーあがた」が比田勝〜小倉航路に就航。1998年に比田勝〜博多航路に変更。
1983 ジェット機就航
 対馬空港にジェット機が就航する。
1983 釜山影島区と姉妹島結縁
 釜山影島区と姉妹島縁組に調印する。

平成

1989 対馬国際ライン「あをしお号」
 上対馬町比田勝港と韓国釜山港を結ぶ府定期航路・対馬国際ライン「あをしお号」就航する。
1990 天皇皇后両陛下の来島
 天皇・皇后両陛下が対馬をはじめてご訪問。
1991 ジェットフォイル「ヴィーナス」就航
 水中翼高速船「ヴィーナス」が対馬〜博多航路に就航。
1991 平成通信使交流
 影島区との友好交流事業が行われる。
1997 対馬野生生物保護センター開設
 上県町佐護棹崎公園に環境省対馬野生生物保護センターが開設される。
1999 シーフラワー就航
 厳原と釜山を結ぶ国際定期高速船シーフラワーが就航。2001年には比田勝〜釜山間にも就航。
2002 韓国資本ホテル開業
 厳原に韓国資本のホテルが2件開業。
2003 対馬釜山事務所開設
 釜山市に「対馬釜山事務所」を開設。
2003 しま交流人口拡大特区認定
 
2004 対馬市誕生
 対馬6町が合併し、対馬市が誕生。
縄文時代〜室町時代 | 江戸時代 | 明治時代〜現在

Twitter & Facebook


Copyright (C) (一社)対馬観光物産協会 All Rights Reserved.