対馬観光のお問い合わせ、観光パンフレットの請求は当協会まで

(一社)対馬観光物産協会WEBサイト 国境の島 対馬へ

(一社)対馬観光物産協会 〒817-0021 長崎県対馬市厳原町今屋敷672番地1 観光情報館ふれあい処つしま
TEL 0920-52-1566 / FAX 0920-52-1585  営業時間 8:45-17:30 休業日12/29〜1/3
お問い合わせ | サイトマップ
ホーム > 観光情報 > 観光ガイド - 上県タクシー(株)

観光情報

観光ガイド

  1. 対馬観光ガイドの会やんこも (歴史)
  2. 対馬観光ガイドの会やんこも (山歩き)
  3. (有)対馬エコツアー (シーカヤック)
  4. 対馬カヤックス (シーカヤック)
  5. スキューバダイビング屋「上々」 (スキューバ)
  6. abyss(アビス) (スキューバ)
  7. ホテル対馬タクシー | 対州タクシー | 厳原タクシー(有) (タクシー観光:対馬南部・厳原町起点)
  8. 豊玉タクシー (タクシー観光:対馬中部・豊玉町起点)
  9. 上県タクシー (タクシー観光・対馬北部・上対馬町起点)
  10. 渡海船・遊覧船
  11. 釣り・遊漁船

会社紹介

上県タクシー(株)
営業時間: 午前6:00〜深夜1:30
長崎県対馬市上対馬町比田勝687-4
TEL 0920-86-2104

PRコメント

 対馬北部に特化した観光コースがございます。日本の渚百選の「三宇田浜」、ツシマヤマネコが一般公開されている「対馬野生生物保護センター」、世界最大級の砲台が据え付けられていた「豊砲台」など、「国境の島」である対馬を実感できます。
 対馬北部の比田勝港が起点となりますので、比田勝港・対馬交通比田勝営業所・北部の宿泊施設からの観光に便利です。対馬空港・厳原港への移動についてもお問い合わせください。

代表取締役 大吉 一子(おおよし かずこ)

そのほか

観光ガイド: 基本的にすべてガイドいたします。
保有車数: 小型4人乗(4台)
備考: 厳原港・対馬空港からもご案内いたします。お問い合わせください。

観光コース料金一覧


モデルコース1

ひとつばたごコース(1時間) 小型車(4人乗) 4,000円
 殿崎 日本海海戦記念碑 〜 三宇田浜 日本の渚・百選 〜 豊 砲台跡 〜 韓国展望所 ひとつばたご自生地
殿崎 日本海海戦記念碑
 明治38年(1905)5月、日本の興廃をかけた日本海海戦が対馬沖で繰り広げられ、撃沈されたロシア・バルチック艦隊の水兵143名がこの地に上陸しました。農婦たちはこの敗残兵を水の湧き出す泉へ案内し、民家へ分宿させるなど手厚くもてなしました。祖国を応援しつつも、哀れな敗残兵を助けたのは、島人の素朴な心性の発露だったのでしょう。

三宇田浜 日本の渚・百選
 対馬では珍しい白砂の浜が広がっており、晴れた日には太陽の光を反射して海面がエメラルドグリーンに光ります。温泉施設やキャンプ場、ペンションが隣接しており、夏は島内外の海水浴客で賑わいます。

豊 砲台跡
 昭和4年起工、昭和9年に竣工した豊砲台は鉄筋コンクリート製。長さ18.5メートルの40センチ加農砲が2門装備され、爆撃に耐えられるようコンクリート壁の厚みは2メートル以上。名実ともに世界最大の巨砲でしたが、実戦では一度も砲弾を発射することはなく、昭和20年10月、米軍の爆破班により解体されました。

モデルコース2

ツシマヤマネココース(2時間) 小型車(4人乗) 8,000円
 三宇田浜 日本の渚・百選 〜 豊 砲台跡 〜 韓国展望所 ひとつばたご自生地 〜 千俵蒔山 風力発電所 〜 異国の見える丘展望台 海上に広がる大パノラマ 〜 対馬野生生物保護センター ツシマヤマネコが見られる 〜 棹崎公園 夕日の見える公園
韓国展望所
  韓国まで49.5キロの至近距離にある上対馬町は、天気の良い日には韓国釜山市の街並が望める、まさに「国境の町」です。その地理的にも歴史的にも深い関係にある韓国の古代建築様式を取り入れて建造されたこの展望所は、日韓双方の観光客が訪れる観光スポットとして人気を博しています。

千俵蒔山
 対馬では珍しく全山が草でおおわれた山で、いつの頃からか麦や蕎麦の種を千俵程蒔ける雄大な山であるという意味から千俵蒔山とよばれるようになりました。昔、外敵の来襲に備え対馬に防人と烽(とぶひ)を配置し、千俵蒔山がその烽火リレーの起点でした。現在は、風力発電所2機の風車が、自然にやさしいエネルギーを生み出しています。

対馬野生生物保護センター
 上県町棹崎公園内の環境省の施設です。ツシマヤマネコの調査・保護・一般公開が行われている他、対馬の動植物全般の情報が集められています。
 ツシマヤマネコは日本では長崎県対馬にのみ生息している野生ネコで、約10万年前に当時陸続きだった大陸から渡ってきたと考えられ、ベンガルヤマネコの亜種とされています。

Twitter & Facebook


Copyright (C) (一社)対馬観光物産協会 All Rights Reserved.