対馬観光のお問い合わせ、観光パンフレットの請求は当協会まで

(一社)対馬観光物産協会WEBサイト 国境の島 対馬へ

(一社)対馬観光物産協会 〒817-0021 長崎県対馬市厳原町今屋敷672番地1 観光情報館ふれあい処つしま
TEL 0920-52-1566 / FAX 0920-52-1585  営業時間 8:45-17:30 休業日12/29〜1/3
お問い合わせ | サイトマップ
ホーム > 特設ページ > 国境の島 壱岐・対馬・五島 〜古代からの架け橋〜

特設ページ

国境の島 壱岐・対馬・五島 〜古代からの架け橋〜


 2015年4月24日(金)、歴史的建造物や伝統芸能などの有形、無形の文化財をテーマや地域ごとに物語る、文化庁認定の「日本遺産」の第1弾(18件)に、「国境の島 壱岐・対馬・五島 〜古代からの架け橋〜」(対馬・壱岐・五島・新上五島)が認定されました!

ストーリーの概要 (文化庁報道発表より引用・抜粋)

 日本本土と大陸の中間に位置することから、長崎県の島は、古代よりこれらを結ぶ海上交通の要衝であり、交易・交流の拠点であった。
 特に朝鮮との関わりは深く、壱岐は弥生時代、海上交易で王都を築き、対馬は中世以降、朝鮮との貿易と外交実務を独占し、中継貿易の拠点や迎賓地として栄えた。
 その後、中継地の役割は希薄になったが、古代住居跡や城跡、庭園等は当時の興隆を物語り、焼酎や麺類等の特産品、民俗行事等にも交流の痕跡が窺える。
 国境の島ならではの融和と衝突を繰り返しながらも、連綿と交流が続くこれらの島は、国と国民と民の深い絆が感じられる稀有な地域である。

対馬の構成文化財(対馬11点)

  1. 金田城跡(かねだじょうあと) 国指定特別史跡
  2. 対馬の亀卜習俗(きぼくしゅうぞく) 国選択無形民俗文化財
  3. 豆酘の赤米行事(つつのあかごめぎょうじ) 国選択無形民俗文化財
  4. 対馬藩主宗家墓所(そうけぼしょ) 国指定史跡
  5. 万松院の三具足(ばんしょういんのみつぐそく) 市指定有形文化財
  6. 銅造如来坐像(どうぞうにょらいざぞう。黒瀬観音堂) 国指定重要文化財
  7. 清水山城跡(しみずやまじょうあと) 国指定史跡
  8. 金石城跡(かねいしじょうあと) 国指定史跡
  9. 旧金石城庭園(きゅうかねいしじょうていえん) 国指定名勝天然記念物
  10. 朝鮮国信使絵巻(ちょうせんこくしんしえまき) 県指定有形文化財
  11. 対馬藩お船江跡(おふなえあと) 県指定史跡

1.金田城跡


 7世紀に築かれた古代山城です。国防の最前線の要塞でしたが、現在はトレッキング、シーカヤックなどでアクセス可能です。

 >>浅茅湾シーカヤック 心を解放する旅(観光モデルコース 自然編1)
 >>防人が築いた古代要塞 金田城トレッキング(観光モデルコース 自然編5)
 >>古代山城 金田城と防人〜対馬・万葉の旅その1〜(観光モデルコース 歴史編6)

2.亀卜習俗、3.赤米行事


 対馬の南端・厳原町豆酘(いづはらまちつつ)地区に伝承されています。豆酘は「にほんの里100選」にも認定され、独特の歴史と習俗がいまも息づいています。

7.清水山城跡


 豊臣秀吉の朝鮮出兵(文禄慶長の役)に際し、朝鮮侵攻の兵站(へいたん)として築かれました。対馬市役所近くから片道30分ほどのトレッキング(軽登山)でアクセス可能です。

4.対馬藩主宗家墓所、5.万松院の三具足


 対馬藩が重要な役割を果たした江戸時代の朝鮮外交に由来する史跡群です。4〜5、8〜10の構成文化財は、ほぼ対馬市役所周辺に集中しており、徒歩でアクセスできます。写真は、対馬藩主宗家墓所(万松院)。

 対馬藩主の代替わりに、朝鮮国王から贈られた仏具・三具足(みつぐそく)。日光東照宮にも贈られており、朝鮮国の対馬に対する信頼の証です。

8.金石城跡、9.旧金石城庭園、10.朝鮮国信使絵巻


 対馬藩主・宗家の城、金石城跡は、国の史跡に指定されています。

 同じく金石城庭園は、国の名勝に指定。
 朝鮮国信使絵巻は、対馬歴史民俗資料館(市役所そば)に所蔵されています。
 >>秀吉の朝鮮出兵命令!激動の対馬を旅する(観光モデルコース 歴史編1)

11.対馬藩お船江跡


 江戸時代に建造された対馬藩のいわば造船ドッグです。他の地域では埋め立て・開発などでほとんど姿を消しましたが、対馬には非常によい状態で残されています。対馬市役所から車で5分ほど(約2km、徒歩25分)でアクセス可能です。

6.銅造如来坐像(黒瀬観音堂)


 8世紀の統一新羅時代の渡来物です。金田城の対岸の美津島町黒瀬地区で、安産の守り神として信仰されてきました。対馬市役所から車で45分(約16km)です。
 仏像は観音堂に安置され、地区の方が管理しています。拝観希望の場合は、申込み・調整が必要です。お問合せ(TEL 0920-52-1566)ください。

日本遺産(Japan Heritage)について (文化庁WEBサイトより)

 地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」に認定するとともに,ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の文化財群を地域が主体となって総合的に整備・活用し,国内外に戦略的に発信することにより,地域の活性化を図る。
1.認定対象
 日本遺産は、以下の点を踏まえたストーリーを認定する(文化財そのものが認定の対象となるわけではない)。

Copyright (C) (一社)対馬観光物産協会 All Rights Reserved.